ページの先頭です
メニューの終端です。

病院長からのご挨拶

[2017年3月24日]

ID:22

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

病院長の写真

市立ひらかた病院 病院長 森田 眞照

平成24年1月に新病院の建設を開始致しましたが、5年近い年月をかけて平成28年12月末に駐車場工事と外構工事が完了し、グランドオープンの運びとなりました。この間皆様方には多大なご不便とご迷惑をおかけ致しました。さる平成26年9月22日に新病院を開院しましたが、お蔭様で開院後2年数か月を経過し、外来、入院ともに多くの方にご利用して頂いております。

新病院では超高齢社会の到来とともに増加するがん治療に力を注げるように設備も色々と整えさせていただきました。これら施設面での充実とがん患者さんの増加により、平成28年4月からは大阪府の地域がん診療拠点病院に指定されました。新しく始めました放射線治療も順調に稼働しております。また、新病院の最上階の7階に開設致しました緩和ケア病棟は、全室個室であり、療養環境については患者さんやご家族からも高い評価を得ております。

診断面ではCTは高性能の320列と64列の2台を、MRIも3テスラと1.5テスラの2台を設置、また今まではなかったシンチグラムの検査も可能になりました。高機能の医療機器により、より精度の高い診断が可能になりましたので、是非地域の皆様方にご活用頂ければと思います。

枚方市の方針もあって駐車場・駐輪場を有料化することになり、患者さんにはご負担をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

グランドオープンを契機として、自治体立の病院として、地域の医療機関との連携をさらに深め、市民の皆様方の健康を守り、病気を予防することに役立つ病院を目指して一層頑張ってまいりたいと思います。

これまで本当に多くの方のご努力とご協力によってやっとここまでこられたことを改めて感謝し、今後も安心で安全な「こころのかよう医療を行い、信頼される病院」として市民の皆様方に愛される病院であり続けたいと考えています。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.