ページの先頭です
メニューの終端です。

リウマチ・膠原病科

[2017年4月3日]

ID:35

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

スタッフの紹介

  • 秦 健一郎(はた けんいちろう)非常勤医員
     日本リウマチ学会リウマチ専門医

診療科の紹介

進歩するリウマチ治療、新しい治療法

かつては対症治療が中心であり、機能的予後、生命予後の改善につながる治療は存在しませんでした。しかし最近10年間に多くの治療薬が開発され、関節リウマチ治療に改革をもたらしました。関節リウマチの治療目標は「すべての患者において臨床的寛解、もしくは、少なくとも低疾患活動性を目指す」ことが世界的なコンセンサスとなり、本邦においても厚生労働省の研究班において臨床的寛解の維持を目標として提言がなされています。

気軽に専門医にご相談ください

関節リウマチ患者の切実な悩みは何といっても、まず「病気が治るのか」、「これからの人生はどうなってしまうのか」ということです。関節の痛みと変形、日常生活の障害、人間関係などの心配事があります。また関節リウマチは関節だけでなく、呼吸器疾患や感染症、心疾患病変などもみられる「全身病」であるので、全身をフォローし、個々の病態に応じた対応が必要です。

地域医療機関の先生方へ

関節リウマチ・膠原病の治療・鑑別・合併症の管理を行っております。関節リウマチは関節エコー・MRIを用い、膠原病は血管炎・皮膚筋炎・SLE・強皮症などを中心に診察を行っております。特に間質性肺炎や肺高血圧症などの合併症や関節症に関しても十分な注意を払い診療しております。どうぞお気軽にご相談ください。

専門外来(予約制)

  • リウマチ・膠原病外来 火曜日午後

各科外来診療担当表

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.