ページの先頭です
メニューの終端です。

セカンドオピニオン外来について

[2017年3月24日]

ID:66

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

セカンドオピニオン外来のご案内

セカンドオピニオン外来では、本院以外の主治医にかかられている患者様を対象に、診断内容や治療法について本院の医師が意見を提供します。その意見を元に、患者様自らがご自身の治療法等を選択する際の参考にしていただくことが目的です。

セカンドオピニオン外来では、本院での診察・検査は行いません。紹介元の主治医からの紹介状や提供された検査・画像データを元に意見・判断を提供します。

1.相談の対象となる方

  1. 患者様ご本人
  2. やむを得ず患者様ご本人が来院できない場合は、ご家族のみの相談も可能ですが、患者様ご本人が署名された代理受診同意書のご提出が必要です。

2.相談内容

  1. 病状・治療方針の説明に納得はしているが、他の医療機関の専門医に再確認したい時
  2. 治療方針の選択・同意を求められているが、今ひとつ決心できない時や不安を感じる時

※以下の事項に該当する場合はセカンドオピニオンの対象とはなりませんので御了承ください。

  • 受診中の医療機関や主治医に対する不満、苦情に対する相談
  • 転院希望の相談
  • 医療訴訟目的及び裁判係争中の場合
  • すでに死亡している患者に関する相談
  • 相談内容に関する専門医がいない場合
  • 主治医からの診療情報提供書及び検査資料が事前に得られない場合
    ※本院の医師の意見は、御提供いただいた資料の範囲での意見となりますのでご了承ください。
  • 患者様ご本人が正しい病名告知を受けていない場合

3.診療科・対象疾患

主にがん疾患(要問い合わせ)

4.申し込み方法

現在治療中の医療機関を通じて医療相談・連携室へファックスでご依頼ください。

5.相談日・時間帯

平日(月~金)で、午後の時間帯(完全予約制)
※担当医師と調整の上、日時を決定します。(予約票でご連絡します。)

6.セカンドオピニオン相談料(税抜き)

1回

  • 30分以内 10,000円
  • 30分を超えて60分以内 20,000円

※相談時間は60分が上限となります。当日の御質問の要点を事前にまとめておいてください。

7.必要書類

  1. FAX送信票(セカンドオピニオン外来依頼用)・・・・医療機関で作成
  2. セカンドオピニオン外来申込書・・・・患者様が記入
  3. セカンドオピニオン外来代理受診同意書・・・・患者様が記入
  4. 紹介状(診療情報提供書)・・・・医療機関で作成
  5. 検査資料(画像データ、検査所見など)

※まず1、4、5のうち検査所見を紹介元医療機関からFAXでお送りください。
※本院からの連絡の後2、3、4の原本及び(5)について事前に御提出ください。(郵送可)

8.当日の来院時の受付について

予約時間の15分前までに予約票をご持参の上で、受付2番窓口までお申し出ください。
受付の際に、プライバシー保護の観点から以下の書類を確認、コピーさせていただきますので御了承ください。

  • 患者様ご本人であることを証明するもの(健康保険証・運転免許証等)
  • ご家族様による代理受診の場合は、代理受診される方ご本人であることを証明するもの及び患者様ご本人との続柄等を証明するもの(健康保険証・住民票等)

9.その他

  • セカンドオピニオン外来では、相談のみで新たな診察・検査・治療は行いません。
  • 相談には医師以外に、看護師等が同席することがあります。
  • セカンドオピニオンの内容は、紹介元の主治医に文書にてお知らせします。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.