ページの先頭です
メニューの終端です。

病院の基本理念等

[2017年3月24日]

ID:70

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市立ひらかた病院の基本理念

『心のかよう医療を行い、信頼される病院』

本院は基本理念の基に、以下の方針等に則り、患者の皆様や地域との信頼関係を築き、安心と満足の得られる医療を提供することで、地域に貢献します。

病院の基本方針

  1. 地域の中核病院として住民の命を守るため、質の高い安全な医療を提供します。
  2. 患者の皆様の人権を尊重し、誠意をもって信頼される医療を提供します。
  3. 他の医療機関や事業者との連携を進め、地域医療における公立病院としての役割を果たします。
  4. 医療や健康に関する情報を積極的に発信し、住民の健康増進に貢献します。

診療に望む基本姿勢

  1. 患者の皆様の気持ちに寄り添い、あたたかく思いやりのある態度で診療を行います。
  2. 納得のいく分かりやすい説明を行い、安心して医療を受けていただきます。
  3. 高度・先進医療に取り組み、医療ニーズに応じた適切な診療方針を立てます。
  4. 医療技術と倫理観を磨き、チーム医療による安全管理を徹底します。
  5. 地域の医療機関や保健・福祉関係者と連携して、通院・入院から在宅まで患者の皆様を支援します。

病院の機能

  1. がん治療をはじめ、高度で低侵襲の医療技術を提供する病院
  2. 北河内医療圏における小児医療の拠点病院
  3. 2次救急指定医療機関として、急性期に対応する病院
  4. 第2種感染症指定医療機関として、重症感染症に対する迅速な態勢を備えた病院
  5. 臨床研修指定病院として、優れた医療スタッフを指導・育成する病院
  6. 大規模災害時に、災害医療の拠点となる枚方市災害医療センター
  7. 他の医療機関と連携し、地域医療に貢献する病院
  8. 枚方市の保健・医療政策の実現や具体化に取り組む病院

患者の皆様の権利と責務 ~患者の皆様とのパートナーシップを築くために~

患者の皆様の権利について

私達は、すべての患者の皆様が個人として人格を尊重され、患者の皆様を中心とした医療サービスの提供を実践し、心のかよう最善の医療を受ける権利を保障するため、また、患者の皆様とのよりよい信頼関係の深まりとともに安心して治療が受けられるようにするために、ここに患者の皆様の権利を保障します。

1.良質な医療を受ける権利

患者の皆様は、人種、信条、性別、社会的身分等により差別されず、平等に安全で良質な医療を受ける権利があります。

2.選択・決定の自由の権利

患者の皆様は、自分自身に関わる医療について、病院を選択し、いかなる治療段階においても、自分自身で自由な決定を行なうことができます。

3.情報を知る権利

患者の皆様は、自分の受けている医療について、詳しく知るため、わかりやすい言葉や方法で、十分理解し納得できる医療の説明やカルテなどの診療記録の開示を求める権利があります。

4.個人情報を保護される権利

患者の皆様は、診療過程における個人情報等すべての個人情報を保護され、プライバシーを侵害されない権利があります。

5.健康教育を受ける権利

患者の皆様は、病院で行なわれるいろいろな健康講座や講演会の催しに、どなたでも、自由に参加することができます。

6.尊厳を得る権利

患者の皆様は、誰もが、ひとりの人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の関係のもとで医療を受ける権利があります。

患者の皆様の責務(責任と義務)について

1.正しい情報の提供

患者の皆様は、ご自身の体調や健康に関する正しい情報を医療者に提供してください。

2.病を克服する姿勢

患者の皆様は、自ら決定した治療方針に沿って、医療者とともに病を克服する姿勢で取り組んでください。

3.治療・看護等についての合意事項の遵守

患者の皆様は、医療提供者の説明に対して十分に納得できるまで質問してください。また、治療について納得し合意したことを守るのは、あなた自身のためであることを理解してください。

4.共同生活のための約束事の遵守

患者の皆様は、病院が多くの患者の皆様と職員の共同生活の場であることを理解し、他の患者の皆様ともども快適な環境で医療が受けられるよう、病院で定めた約束事などをお守りいただく責務があることをご理解ください。

臨床における倫理の方針

本院は、患者の皆様の権利を尊重し、患者の皆様の立場に立って、温かく思いやりのある医療を提供します。

1.自己決定権の尊重

患者の皆様が検査や治療を受けられるときは、その検査や治療の方法について、患者の皆様自らの自由意思で選択し、決定する権利があります。ただし、患者の皆様の意思決定能力が病気等で損なわれているときは、ご家族または、代理人が選択し、決定していただきます。

2.情報の提供

患者の皆様が自己決定できるように、よく理解できる言葉で、診断内容や治療方法、その危険性、予後の見通しについて正確な情報を提供します。

3.守秘義務の遵守

診療の過程等で収得する患者の皆様及び家族の健康・家族関係等の個人の情報は、きわめて秘密性の高いものであり、職員は個人情報の守秘義務を遵守します。

4.患者の皆様の最善の利益

患者の皆様との十分なコミュニケーションを通じ、相互理解と協力による質の高い、安全な医療を提供します。

5.個人の尊厳

生命の尊厳に関する問題、信仰と信条に関する問題など、患者の皆様の人間としての尊厳と人権に関することは、倫理委員会等において審議を行い、方針を決定します。

6.関係法令やガイドラインの遵守

生命倫理に関する法令や、ガイドラインを遵守します。

なお、代表的な臨床倫理問題への対応については、別途定めるとおりとします。

市立ひらかた病院職員の行動指針

病院の基本理念等に基づき、職員が遵守すべき事項を定めます。

  1. 患者の皆様の権利を尊重し、温かく思いやりのある対応をするとともに、診療内容やその他必要な事項について十分に説明し、信頼を得るよう努めます。
  2. 患者の皆様のプライバシーを尊重し、職務上知り得た秘密を守ります。
  3. 最善の医療を提供するため、改善意識と目標意識を持ち、知識と技術の研鑽に努めます。
  4. 質の高い安全な医療及び医療連携を推進するため、患者の皆様と職員が相互に信頼・尊重し合い、良好な協力関係のもとに医療を提供します。
  5. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて地域社会に貢献するとともに、関係法令を遵守し、効率的な管理運営を行い健全経営に貢献します。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.