ページの先頭です
メニューの終端です。

災害医療訓練を実施しました

[2017年3月16日]

ID:111

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

3月12日(日曜日)、災害時の医療救護活動の対応能力と職員の危機管理意識の向上を目的として、

大地震の発生を想定した災害医療訓練を行いました。訓練には約200人の職員が参加し、災害医療体制の

立ち上げ、傷病者の治療の優先度を判定するトリアージ訓練、拠点応急救護所でのトリアージと連携した

医療救護訓練などに取り組みました。この訓練は健康医療都市ひらかたコンソーシアムの連携事業で、

市災害医療対策会議との共催で実施しました。

院外の1次トリアージで「中等症以上」と判定されて院内に搬送され、2次トリアージをしている様子
病院前に殺到する被災傷病者の傷病の程度を判定する1次トリアージの様子
1次トリアージポストに隣接する拠点応急救護所へ軽症患者を誘導している様子

中等症以上と判定された患者をストレッチャーで院内に搬送している様子

トリアージ結果の集計・記録を行っている様子

訓練終了後は、参加者全員で訓練を振り返り、講評を行いました。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.