ページの先頭です
メニューの終端です。

部署紹介

[2018年3月29日]

ID:217

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

外来部門

1階と2階に外来部門があり、コンシェルジュの配置によりスムーズな外来案内を行っています。

フットケアやストーマケアを糖尿病療養指導士、認定看護師がケア・処置を行っています。

化学療法室では、抗がん剤治療を行う患者さんに対して、認定看護師が中心となり、安心して通院治療を継続できるように取り組んでいます。

健診センター

健診センターでは市民の健康増進と成人病や悪性疾患などの早期発見に努めています。

胃がん検診は、これまで胃透視検査のみでしたが、平成29年4月から胃内視鏡検査も加わりました。

電話での予約もできますので健康維持の為に検診を受けてみてはいかがですか?

初めての方にも内視鏡検査がわかり易いように写真入りのパンフレットもご用意しています。

救急中央診療

救急中央診療は、救急外来・内視鏡・放射線科が集まった部門です。

救急外来では、主に入院治療を必要とする患者様(2次救急病院)に対し、救急医と救急認定看護師を中心に患者さんを受け入れています。

内視鏡・放射線科(検査、治療部門)では、安全・安心に検査、治療を受けて頂く為に、患者さん一人ひとりに分かり易い説明を心がけています。

また、救急中央診療科では、診療中や検査時の急変に対応できるように検査技師、看護師、医師を含めた訓練を行っています。

訓練風景

手術室部門

3階フロアに手術室7室と血管造影室1室があり、血管造影室では、検査や治療を行っています。

手術予定の方は、手術前に麻酔科診察があり、麻酔科医師、手術室看護師が患者さんの全身状態を把握し、麻酔や手術前の注意点などを説明しています。

また、手術室担当の看護師が手術前に手術する部位の確認や、患者さんの不安や疑問、要望など直接伺っています。

小さい子供さんの手術の場合は、手術室への恐怖心を和らげるよう、アニメのDVDや音楽を流すなどの工夫をしています。

安全を第一に考え、患者さんが安心して治療を受けて頂くよう、診療科医師、麻酔科医師、臨床工学士、薬剤師、放射線科などコメディカルと連携しチーム一丸となり取り組んでいます。

麻酔科診察風景

術前オリエンテーション冊子抜粋

病棟部門

入院病棟は4階~6階のフロアです。

各フロアは西と東に分かれており、全335病床です。

退院支援室

入院されている方やそのご家族に入院生活・退院後の生活が安心して過ごせる様に医師・看護師・社会福祉士などが連携して相談・支援をおこなっています。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.