ページの先頭です
メニューの終端です。

がん患者さんの治療と仕事の両立のために「がんサロン~仕事のことをどうしよう~」を開催します

[2018年4月17日]

ID:228

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「がんサロン~仕事のことをどうしよう~」のご案内

統計によると、がん患者さんの3人に1人は就労可能年齢で罹患しています。そのため「がんになっても働き続けたい」「仕事と治療を両立したい」と考える患者さんが増えています。

一方でがんになってから仕事を辞めたり職場を変えたりする方も多く、中には解雇されるといった実態も報告されています。

「市立ひらかた病院がんサロン~仕事のことをどうしよう~」は、がんと仕事について一緒に考えたいというサバイバーの皆さんが、自身の体験や気持ちなどを気軽に語り合う交流の場です。

自分らしい「仕事と治療の両立」の仕方を考える機会になれば、と考えています。多くの方のご参加をお待ちしています。

参加予約は不要です。また、途中参加・途中退室は自由です。お気軽にご参加ください。

 

参加される方へ

  • 当院で治療を受けていない方もご参加ください。
  • 料金は無料です。

日時・場所等

日時 平成30年6月2日(土)午後2時から午後3時30分まで(午後1時30分受付開始)

場所 市立ひらかた病院 2階講堂

対象 ・がんの治療を受けながら仕事を続けている方
   ・がんをきっかけに退職したが、新たに就職を考えている方
   ・がんの治療のために仕事を休んでいて復職を考えている方
   ・過去にこうした経験をされた方
   ・がんと仕事について一緒に考えたいがんサバイバー

※他院で治療を受けられた方もご参加ください。
※ご不明な点は、がん相談支援センターまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

市立ひらかた病院 がん相談支援センター

電話 072-847-2821(代表)

がんサロンのご案内チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.