ページの先頭です
メニューの終端です。

クロノロジー研修を実施しました

[2019年10月11日]

ID:445

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クロノロジー研修を実施しました(令和元年10月10日)

 令和元年10月10日、今年度の災害医療訓練の一環として、クロノロジー研修を開催しました。 

 これは、昨年度の訓練において、情報の収集及び共有に課題があったことを踏まえ、これを円滑に行うことを目的として実施したものです。

 当日は関西医科大学附属病院の梶野健太郎医師、関西医科大学総合医療センターの岩村拡医師及び関西医科大学附属病院の看護師のお二人を講師としてお招きし、院内災害対策本部及び情報統括部門を中心とした職員が受講しました。

第1部 講義

 梶野医師から、初動期の優先事項(CSCA)など災害時の病院対応についてご説明いただきました。

第2部 演習

 続いて行われた演習では、震度7の地震が発生したことを想定し、クロノロジーを使用した情報共有や院内外の様々な情報をトリアージする訓練が講師の指導のもとで行われました。

 講師の皆さんからは実態に即したリアルな内容による御指導をいただき、大変有意義な研修となりました。

 この研修の内容も踏まえ、12月にはの総合訓練を実施する予定です。

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.