ページの先頭です
メニューの終端です。

耳鼻咽喉科

[2020年6月23日]

ID:371

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

耳鼻咽喉科スタッフ

スタッフの紹介

耳鼻咽喉科 スタッフ
氏名役職専門医等 専門領域
鈴木 学
(すずき まなぶ)
部長・日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
・耳鼻咽喉科専門研修指導医
・補聴器相談医
耳鼻咽喉科一般
野呂 恵起
    (のろ けいき)
医員  耳鼻咽喉科一般
和田 将輝
(わだ まさき)
医員

耳鼻咽喉科一般

診療科の紹介

耳鼻咽喉科は現在3名の常勤医が在籍し、外来診療は月曜日から金曜日の午前中で行い、耳鼻咽喉科一般に対し対応しております。手術は、火曜日の午後、木曜日の午後、金曜日の全日を手術日に設定し行っております。
外来診療では、内視鏡やエコー、聴力検査の所見をモニターで一緒にご覧頂きながら、病態の把握が簡単になるような説明をこころがけています。
入院診療では、突発性難聴、顔面神経麻痺に対するステロイド漸減点滴治療や、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍など急性炎症に対する抗生剤点滴治療が必要な方を積極的に受け入れております。
当院で行っている手術の内で一般的に多いのは扁桃摘出術、内視鏡を用いた鼻・副鼻腔手術、ついで中耳疾患、頸部腫瘤に対する手術などです。扁桃が原因で強い発熱を繰り返す方や、いびきや閉塞性睡眠時無呼吸の一部の方に原因となっている扁桃を摘出する手術を行っています。入院期間は約10日間です。
鼻・副鼻腔手術については、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術(約7日間の入院)や、アレルギー性鼻炎に対する鼻粘膜焼灼術に特に力をいれて行っています。鼻粘膜焼灼術に関してはレーザーを使用し、短期入院もしくは日帰り手術で行っています。アレルギー性鼻炎の方の中でも、投薬でなかなか改善を得られない方にお勧めしています。(ただし花粉飛散時期には症状改善につながらず、お勧め致しません。)
耳下腺腫瘍、甲状腺腫瘍、頚部腫瘤は術前に画像検査、頚部エコー、針生検などで精査し(初診当日にエコー下針生検も可能です)、大阪医科大学と連携して手術を行っています。
中耳疾患においても、慢性中耳炎に対する鼓膜形成術や鼓室形成術、真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術、顔面神経麻痺に対する顔面神経減荷術、滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術などを行っています。こちらも大阪医科大学と連携して行っております。
幼児のアデノイド増殖症と滲出性中耳炎に対しては最短で3日間の入院でのアデノイド切除、鼓膜チューブ留置術を行っています。また、先天性耳ろう孔摘出術にも対応しております。

診療内容

主な外来・入院疾患

主な外来・入院疾患
慢性中耳炎、滲出性中耳炎
鼻・副鼻腔副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎
咽頭・喉頭喉頭腫瘍、習慣性扁桃炎、アデノイド、声帯ポリープ
口腔口腔(舌)腫瘍、唾石症
頸部甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍、嚥下障害
    検査

    内視鏡検査(軟性、硬性) 嚥下内視鏡検査(入院の方)

    頸部(甲状腺、リンパ節)エコー検査

    純音聴力検査 語音聴力検査 耳管機能検査 聴性脳幹反応 

    電気味覚検査 顔面神経筋電図検査 平衡機能検査

治療・術式

治療・術式(耳)
主な疾患治療・術式
慢性中耳炎鼓膜形成術、鼓室形成術
真珠腫性中耳炎鼓室形成術
滲出性中耳炎鼓膜切開術、鼓室チューブ留置術
顔面神経麻痺顔面神経間開放術

治療・術式(鼻)
主な疾患治療・術式
アレルギー性鼻炎下鼻甲介レーザー焼灼術、翼突管神経切除術
鼻中隔弯曲症鼻中隔矯正術
慢性副鼻腔炎内視鏡下鼻・副鼻腔手術

のど

治療・術式(のど)
主な疾患治療・術式
扁桃周囲膿瘍膿瘍切開術
慢性扁桃炎 扁桃肥大扁桃摘出術
アデノイド肥大症アデノイド切開術
声帯ポリープ、声帯結節顕微鏡下喉頭微細手術

頸部

治療・術式(頸部)
主な疾患治療・術式
甲状腺腫瘍甲状腺腫瘍摘出術
耳下腺腫瘍耳下腺腫瘍摘出術
顎下腺腫瘍 顎下腺唾石顎下腺腫瘍摘出術

診療実績

手術件数(2020年1月~6月)

手術件数(2020年1月~6月)
術式件数
外来
その他手術4
下甲介粘膜レーザー焼灼術2
鼓膜チューブ挿入術2
入院
その他手術4
甲状腺腫摘出術2
顔面神経減圧手術3
鼓室形成手術3
喉頭腫瘍摘出術3
喉頭声帯ポリープ切除3
乳突削開術3
扁桃周囲膿瘍切開術3
鼓膜チューブ挿入術4
翼突管神経切除術4
下甲介粘膜レーザー焼灼術5
アデノイド切除術8
鼻甲介切除術11
副鼻腔手術14
鼻中隔矯正術18
内視鏡下鼻・副鼻腔手術23
口蓋扁桃手術30

年別手術件数

主な手術症例数
術式 平成30年

 鼻中隔矯正術

鼻甲介切除術

内視鏡下鼻・副鼻腔手術

先天性耳瘻管摘出術

口蓋扁桃摘出術(切除・適出)

リンパ管摘出術

鼓室形成術

乳突削開術

下甲介粘膜レーザー焼灼術

鼓膜切開術(片側)

顔面神経減圧手術

鼓膜チューブ挿入術

気管切開術

ラリンゴマイクロ

甲状腺手術

耳下腺腫瘍摘出術

外耳道異物除去術

唾石摘出術

 34件

4件

71件

4件

44件

2件

8件

7件

44件

21件

4件

23件

1件

10件

7件

1件

15件

2件

診療風景

耳鼻咽喉科では、外来Kブロックにて診療・治療を行っています。
診療1
診療2

内視鏡下鼻副鼻腔手術の様子です

手術1
手術2

地域医療機関の先生方へ

地域の中核病院として、近隣の耳鼻咽喉科医の先生方との連携を深め、患者の皆さんにとって最適な治療を行ってまいりますので、ご紹介をよろしくお願いいたします。また、お気軽にご相談ください。

専門外来(予約制)

<特殊検査> 月・水(・金)曜日 午後
 語音聴力検査、内耳・後迷路機能検査、耳管機能検査、平衡機能検査、基準嗅覚検査
 鼻腔通気度検査、味覚検査、顔面神経電気診断、内視鏡検査(軟線・硬性)、超音波検査

<外来手術> 水曜日 午後 

各科外来診療担当表

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.