ページの先頭です
メニューの終端です。

脳神経外科

[2020年10月19日]

ID:474

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

スタッフの紹介

スタッフ紹介
氏名 役職専門医等 
  稲多 正充
(いなだ まさみつ)

 部長

・日本脳神経外科学会専門医

・日本脳神経外科学会評議員

診療科の紹介

当科では、様々な種類の脳腫瘍、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などの脳血管障害、頭部外傷、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄等の脊椎脊髄疾患、三叉神経痛や顔面けいれんなどの機能的疾患、正常圧水頭症などの症候性認知症などで、幅広く診療しています。

救急外来における初期治療から入院、手術治療までEBM(科学的根拠に基づいた医療)に則った診療を目指し、ひとつの疾患に対する様々な治療方法から、患者様の視点に立って最善と考えられる方途を選択していけるよう努力しています。手術症例数は必ずしも多くはありませんので、1例ずつ、術後の美容にまで配慮して丁寧な手術治療を心がけています。

●主な手術(H30.1~12の実績より)

経皮的頸動脈ステント留置術、水頭症手術・シャント手術、脊椎固定術(後方椎体)、脊椎固定術(前方椎体固定)、椎弓形成術、椎弓切除術、頭蓋内血腫除去硬膜下開頭、頭蓋内血腫除去術脳内開頭、頭蓋内腫瘍摘出術、脳血管内手術、脳動脈瘤頸部クリッピング術、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術

診療実績

手術件数(2020年4月~6月)

手術件数(2020年4月~6月)
術式件数
入院
椎弓形成術5
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術4
その他手術5

地域医療機関の先生方へ

緊急を要する患者様はもちろんのこと、めまい、歩行障害、頭痛、四肢のしびれや脱力、認知障碍(がい)、てんかん(症候性)発作、けいれんや手足のふるえなど神経系障害と思われるものでもお気軽にご相談ください。

専門外来(予約制)

<特殊外来> 月~金曜日 午前9時
けいれん、てんかん(症候性)、めまい、頭痛、痛み、認知障碍(がい)、顔面けいれん、三叉神経痛

<特殊検査> 月~金曜日 午前9時
MRI(3.0T・1.5T)、脳波(含むSEP、ABR)、頚動脈エコー、言語外来、高次脳機能検査、CTスキャン(ヘリカル320列・64列)、Xe-CT局所脳血流測定、脳血管撮影、SPECT(単一光子放射線断層撮影)、バイブレーン、フラットパネル方式脳血管撮影(DSA)

外来案内

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.