ページの先頭です
メニューの終端です。

市立ひらかた病院職員の新型コロナウイルス感染の確認について

[2020年12月22日]

ID:568

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市立ひらかた病院職員の新型コロナウイルス感染の確認について

12月21日、市立ひらかた病院で勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことを確認しましたので、お知らせいたします。

感染者の情報

◇職種:看護師

◇人数:1名

◇発症日:12月20日(腹痛・発熱)

◇検査実施日:12月21日

◇その他:現在、自宅療養中

接触が疑われる人への対応

◇保健所による調査により、本院において濃厚接触があったとされた職員1名について検査を実施した結果、陰性でした。

◇また、病院独自の調査に基づき、濃厚接触ではないものの接触があった職員7人の検査を実施しましたが、すべて陰性でした。

病院の対応および感染防止対策

◇院内に消毒を施したうえで、外来診療、検査等、すべて通常どおり診療を行っています。

◇本院では、これまでから患者の皆さんの安全を確保し、安心して来院いただけるよう、職員のマスク着用や手指消毒の徹底、正面玄関での検温の実施など院内感染防止対策を徹底しているところですが、今後も改めて徹底して実施してまいります。



Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.