ページの先頭です
メニューの終端です。

【臨床工学技士】市立ひらかた病院職員(正職員)採用試験のお知らせ(9月)

[2021年8月24日]

ID:608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

臨床工学技士(正職員)を募集しています!

市立ひらかた病院正職員(臨床工学技士)を募集します。
国籍・性別は問いません。
詳細は募集要項を参照してください。

採用試験を行う職種と人数等

要件等
職種採用予定人数要件
臨床工学技士1人程度

・昭和61年4月2日以降生まれ

・臨床工学技士免許を有すること

・病院での勤務経験が2年以上あること

募集要項・履歴書

市立ひらかた病院 臨床工学技士の仕事について

 当院の臨床工学技士は麻酔科に所属しており、医師(医療機器安全管理責任者)の下、生命維持管理装置を中心にいろいろな医療機器の操作および点検・保守管理を行っています。
 近年、高度で精密な医療機器が増えており、臨床工学技士は患者さんに安心・安全な医療サービスを提供できるよう、医療機器の操作や点検・保守管理に励んでいます。

    認定資格など

    ● 透析技術認定士

    ● 3学会*合同呼吸療法認定士

    ● 心電図検定3級

    ● ACLSプロバイダー

    ● 第2種ME技術実力検定

    *日本胸部外科学会・日本呼吸器学会・日本麻酔科学会

業務内容

透析装置やRO(逆浸透)装置の操作および日常点検・保守管理を行っています。当院では入院患者を対象に血液透析、持続的血液透析濾過、血漿交換、血液吸着、血球成分除去療法、エンドトキシン吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法など各種血液浄化療法を行っています。血液透析など緊急を要する場合は、土・日・祝も対応しています。

人工呼吸器、除細動器など生命維持管理装置を中心に、ME危機の点検・保守管理、トラブル対応を行っています。また、人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなどは危機管理システムを用い、ME機器管理室で中央管理をしています。

心臓カテーテル検査時、心機能を評価したり、バイタルを監視するポリグラフの操作などを行っています。その他にアンギオ室の人工呼吸器や除細動器の点検、心臓電気生理学的検査に使用する装置、補助循環装置の操作・保守点検を行っております。

ペースメーカーの植え込みや電池交換、ペースメーカー外来のほか、ペースメーカーを植え込んだ患者さんの手術などに立ち会い、プログラマ操作やペースメーカー手帳の記入を行っております。

麻酔器や電気メスなど機器の日常点検・保守管理、トラブル対応を行っています。また、前立腺がんの治療法であるHIFU(高密度焦点式超音波治療)の機器準備・立ち会い、肝細胞がんの治療法であるRFA(ラジオ焼灼療法)の機器操作、自己血回収装置の操作などを行っています。

人工呼吸器使用後の点検や、トラブル対応、定期点検を行っています。また、患者さんが使用中の人工呼吸器に異常がないかを確認する呼吸ラウンドを行っています。

新人看護師や研修医を対象に、輸液・シリンジポンプ、人工呼吸器、除細動器などの研修を行っています。その他、要望があれば研修を実施しています。

 

業務の様子

透析

血液浄化業務

機器管理室

ME機器管理室

手術

手術室業務

Copyright (C) Hirakata city hospital All Rights Reserved.