診察料・部門救急科

診察料・部門

  1. HOME
  2. 診察料・部門
  3. 診療科
  4. 救急科

医師紹介

氏名役職専門医等
小林 正直
(こばやし まさなお)
主任部長・日本救急医学会専門医・指導医
・医学博士
・日本救急医学会認定ICLSディレクター
・大阪府医師会認定二次救命処置講習会ディレクター
片岡 尚之
(かたおか たかゆき)
医長

診療科の紹介

当院では、365日24時間体制で救急診療を行っています。
日勤帯は救急を専門とする医師(主任部長)が小児科と産婦人科以外の救急患者の初期診療を行っています。
なお、小児科と産婦人科の救急患者については、当該診療科の医師が診療を行っています。
救急科が初期診療を行った後は、必要に応じて専門科に引き継ぎ、切れ目なく診療が継続されるよう努めています。

ミッション(役割)

救急医療においては、患者さんの症状に応じた適切な治療が受けられるよう医療機関ごとに一次救急・二次救急・三次救急のいずれかに役割分担がなされています。一次救急の医療機関は入院を要しない軽症患者(初期救急あるいは一次救急)、三次救急は救命処置や集中医療が必要な重篤なケースの診療にあたります。

当院は、二次救急の位置づけとなっており、入院や手術、緊急処置などが必要な中等症以上の状態にある患者さんの診療を行うミッションを担っています。また、重篤な患者さんの診療にあたる際には、状態の安定化をはかりつつ、三次医療機関(救命救急センター)へ連携の上、搬送し、患者さんにとって必要な医療が迅速に受けられるよう努めています。

救急診療に関する詳細(すぐに119番が必要なケースや、当院の救急外来についてなど)は下記を御覧ください。

救急診療の流れ

救急科で診療を行う患者さんの多くは、救急車により搬送されます。まず救急隊からホットライン(直通電話)があると、救急隊から病状などの情報収集を行います。そして、救急車が到着するまでの間に、検査や輸液、人工呼吸などの準備を整えます。また、必要に応じて院内の他のスタッフ(医師・看護師)へ応援要請を行い、十分な医療が行えるようにしています。

患者さんの到着時には、まず表情や様子などから、迅速に意識や呼吸、循環の状態を確認し、緊急処置が必要かどうか判断を行っています。「酸素」と「身体の中の水」に不足が無いかを判断し、酸素が不足している場合には酸素マスクや鼻酸素、人工呼吸を行い、身体の中の水が不足している場合には、点滴を行います。またエコー(超音波)を用いて、循環に悪いところが無いか(心臓がしっかり動いているか)を確認することもあります。

このようにして、気道・呼吸・循環の安定化を図り、また痛みを取り除くよう診療を進めています。これら救急診療を行った上で、入院が必要な場合には、病状に適した診療科の医師へ引継ぎを行い、病状の回復を図っています。

救急車の車内です。患者さんが当院へ搬送されてきます。
*救急車の車内はあくまでイメージです。救急車により異なります。

救急隊から、患者情報を収集します。
患者さんが到着されるまでの間に、必要な処置の準備を行います。

診療実績

症例数 令和2年1月~令和2年12月

救急科

来院方法 症例数 うち入院数 転送 心停止
救急搬送 3,384 1,530(45.2%) 57 26
自己来院 6,737 908(13.5%) 14 3
北河内後送 0 0 0 0
小計 10,121 2,438(24.1%) 71 29

小児科

来院方法 症例数 うち入院数 転送 心停止
救急搬送 847 323(38.1%) 4 0
自己来院 566 301(53.2%) 7 0
北河内後送 113 102(90.3%) 2 0
小計 1,526 726(47.6%) 13 0

全体(救急+小児)

来院方法 症例数 うち入院数 転送 心停止
救急搬送 4,231 1,853(43.8%) 61 26
自己来院 7,303 1,209(16.6%) 21 3
北河内後送 113 102(90.3%) 2 0
小計 11,647 3,164(27.2%) 84 29

救急傷病者総数は11,647人となっており、前年の12,848人から1,201人減少しました。来院手段別にみると、救急搬送4,231人、自己来院7,303人、北河内こども夜間救急センター(小児一次救急診療所)からの後送(紹介)113人でいずれの区分でも減少していました。入院した救急患者総数は3,164人で、前年の3,774人から610人減少し入院率は27.2%となりました。新型コロナウイルス感染症の流行のため、外出自粛が行われたせいか、非コロナ患者の数が減少しているように思われました。また、救急科における救急搬送患者のうち入院した数は1,530人と29名増え、入院率も45.2%と前年比43.9%より微増していました。
小児科は自己来院による入院率が高い比率となっていますが、北河内こども夜間救急センターからの後送例でみますと、90.3%が入院しており、当院の小児科による地域貢献度が高いことを示しています。これら関係諸氏のおかげと存じます。
病院外心停止(Out of Hospital Cardiac Arrest: OHCA)は、地域に貢献できる第一線の病院の目標が20例となっていますが、平成30年19例、令和元年21例に対し、今年は29例と目標を上回ることができました。少しづつではありますが、病院外心停止の応需件数は増えてきています。病院外心停止は三次救命と考える人もまだまだ多いとは思いますが、二次救急病院で行う病院外心停止の診療内容はどのようなものかが、少しづつ救急を担うスタッフたちの中で浸透してきた可能性が考えられます。

今後も当院が位置づけられている二次医療機関として、入院や手術、緊急処置などが必要な中等症以上の状態にある患者の皆様の診療を行うとともに、他の医療機関とも連携を図り、患者の皆様にとって必要な医療が迅速に受けられるよう努めてまいります。

主な疾患

救急科では疾患が限定されるようなことはなく、広い範囲をカバーしています。

症状解説
めまい脳血管障害(脳卒中)によるものと、耳鼻科疾患によるものの大きく二つにわけられます。後者が圧倒的に多く、頭を動かしたりや、起き上がるとめまいがするという症状の方が多くあります。
頭痛片頭痛をはじめとする慢性頭痛のほか、くも膜下出血や髄膜炎、頭の静脈の血栓や、脳動脈の解離(血管の内膜がはがれてしまう病気)が重大な病気です。今までに経験したことのないような突然の激しい頭痛や、いつ何をしている時に起こったか明確な頭痛(「いつ頃から」ではなく「いつ」とはっきりしている場合)は危険な病気のことが多いです。
頭部打撲頻回嘔吐、増強する頭痛、どうしてケガをしたか判らない場合、健忘(事故の前後を思い出せない)、意識がおかしい、意識がなかった、頭を打った後けいれんがでた、抗凝固薬・抗血小板薬を飲んでいる、といった場合には頭部CTを撮影します。
意識消失・意識障害詳しくはこちら
呼吸困難呼吸器内科の病気以外にも、心不全や肺動脈血栓塞栓症などの循環器疾患もみられます。胸の痛みがある、苦しくて横になれない、呼吸が苦しくて動けない、息つぎしながらでないとしゃべれない、一言二言しかしゃべれない、顔や唇が紫色になっている、肩で息をしている、息が速く荒い、意識がもうろうとしたり錯乱状態になるなどの症状があれば、119番で救急車を呼んで下さい。
嘔気・嘔吐詳しくはこちら
腹痛通常は消化器疾患ですが、尿管結石や心筋梗塞、電解質代謝異常など多岐にわたります。咳払いで響く、腹筋を使って起き上がると痛い、つま先立ちから踵を落とすと響くなどの症状があれば、腹膜症状です。
胸痛・背部痛心筋梗塞の他、急性大動脈解離(大血管が裂けたり破裂したりするような突然死を起こす)など恐ろしい病気かもしれません。胸が重苦しい、締めつけられる、圧迫される、絞られる、冷や汗、吐き気・嘔吐、息苦しさを伴う場合、背中や腰に裂けるような痛みを感じたり、痛みが動く場合は救急車が必要です。肩や腕の痛みを伴うこと、みぞおちや胃が痛いこと、のどや歯、あごの痛みを伴うこともあります。このような症状があれば、119番で救急車を呼んで下さい。
脳卒中(脳梗塞・脳出血)右か左の片方の半身に力が入らず、歩きにくかったり、箸を落としたりする、顔の片方半分が垂れ下がる(「いー」と言わせるとよくわかります)、ろれつが回らない、うまくしゃべれない、言葉が理解できない、物が二重に見えたり、視野が半分になる、顔や身体の片方半分の感覚がおかしい、めまいで歩けなかったり、バランスがとれず片方に傾くなどの症状は119番です。また、これらの症状が一時的に改善しても、必ず病院を受診して下さい。
アレルギーとアナフィラキシーアレルギーのうち、繰り返し吐き続ける、持続する我慢できない強い腹痛、のどや胸が締め付けられる、声がかすれる、犬が吠えるような咳、持続する強い咳き込み、ゼーゼーする呼吸、呼吸困難、唇や爪が青白い、脈が触れにくい、意識がもうろうとしている、ぐったりしている、尿や便を漏らしている(失禁)などの症状があれば、ただちに救急車を呼んで下さい。もし、持っているならエピペンを注射して下さい。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

二次救急の中では、平素のフレイル(加齢に伴う衰弱)程度が重度であるため、積極的治療を行うと、却って患者の生活の質を落とすのではないかという例も多く存在します。このような場合は、フレイルの程度を見極める診察や問診・面接を詳細に行った上で、ご本人の意思を最大限に尊重し、敢えて延命や苦痛となる処置は控え、苦痛のみ除去する道を選ぶこともあります。

地域医療機関の先生方へ

以下に該当するようなケースの場合、当院救急科にご紹介ください。

  • 中等症で入院が必要という場合
  • どの専門医に紹介していいか判断に悩む場合
  • 救命センターへ搬送するか判断に悩む場合 など

地域医療機関からの受け入れも行っています。どうぞご紹介ください。